質の高いもの

ロレックスのブランド性とは

ロレックスとはスイスの腕時計メーカーのブランドです。 スイスは世界的にも時計分野の商標価値に基づいたブランド性が高い事でも有名で、その礎の1つとなっているのがこのロレックスでもあると言われています。 ロレックスは1905年にハンス・ウィルスドルフ氏が創業しました。 ウィルスドルフ氏はスイス生まれではなく、ドイツのバイエルン州のクルムバッハにて生誕、そしてロレックスのブランド設立もロンドンで創業を始めるなどの経歴があります。 ロレックスのその特徴は、まずその時計のブランドの種類にあります。 その種類の数は10を超し、有名な物でオイスターシリーズやエアキングシリーズなどが世界的にも有名です。 中には某有名映画が由来で形成されたブランドのボンド・ウォッチなどのブランドもあります。 その為、買取や販売においてはそのブランド性により大分ばらつきがあります。

買取時に重要視される部分

基本的に腕時計とはそのブランドの内容も加味されますし、どんな古物商でも類する査定要項項目なのですが、傷や新品か未開封などの部分も重要視されます。 その為、コレクターの方々などは基本的に未開封で置物時計みたいな状態にして腕時計を保管するという人も居ます。 そしてロレックスの買取については、そのブランドの種類の多さから買取の査定方法も色々と色の付いた問題でもあると言えます。 例えればボンド・ウォッチの中には限定モデルがあり、その限定モデルが世界で数少ない生産量である場合、コレが未開封などであるなら買取も大分査定が高くなります。 逆にロレックスで大量に生産されているブランドは比較的世界中にある為、未開封であっても店によりけりですが大きな価値は付かない物となります。 ロレックスはそれだけ商標が多く、尚且つ商標内容次第では少数か大量かが生産規模が違う物とよりけりですので、そこから調べて買取の依頼を出すか、まだ使い続けるかを判断するのもいいかもいしれません。